読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0120994691城南キャピタル 里芋・長芋・山芋はなぜ触ると痒くなる?原因は物理攻撃。

0120994691城南キャピタルです。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介させて頂きます。

0120994691城南キャピタル 里芋・長芋・山芋はなぜ触ると痒くなる?原因は物理攻撃。

 

里芋・長芋・山芋はなぜ触ると痒くなる?原因は物理攻撃。

長芋

痒くなるのは物理的ダメージ

シュウ酸カルシウム

山芋の皮付近は「シュウ酸カルシウム」という物質があり、
それがトゲのような形の結晶なので、皮膚にささり炎症を起こし痒くなります。

皮膚に目に見えない針がプスプスと刺さるものです。
それで炎症が起こり、赤くなり、かゆくなります。
誰にでもなるかわかりませんが、物理ダメージなので多分全員でしょう。

シュウ酸カルシウムは、山芋、長芋、里芋などに含まれています。
ああいうねばねば系の芋です。

防ぐには針を溶かせ

お酢

ということで、針を溶かすべく酸性の液に漬けます。

お酢を多く入れた水や、クエン酸なんかでも良いでしょう。
酸性の水に入れると、シュウ酸カルシウムが溶けます。

昔の人はこんな理屈は知らなかったと思いますが、なぜか知っている。
多分、シュウ酸カルシウムは変色もするので、変色防ぐ知恵だったかと思います。
そう、変色もしないので、お酢を入れた水に漬けるのが基本です。

シュウ酸カルシウムはあまり食べると良くないらしい

結石

なんか、多量に摂取すると結石の原因にもなるようです。

よって、とりあえずお酢を入れた水に漬けて調理するようにしましょう。
そんなのにお酢を使うのがもったいない?

本日はこの辺りで。0120994691城南キャピタルでした。