読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0120994691 炭はなぜ燃える?炭とはなんだ?小ネタいろいろ。

0120994691です。
本日も雑学をご紹介させていただきます。

0120994691 炭はなぜ燃える?炭とはなんだ?小ネタいろいろ。

炭はなぜ燃える?炭とはなんだ?小ネタいろいろ。

sumi

父「炭火は煙が無くて良いなぁ。」

子「炭火でたき火とかもったいないよ!」

炭なのになぜ燃える?という疑問を、誰もが子供の頃に思ったことだろう。
そして煙も出ない。料理にはピッタリの火種です。

炭とは?

炭を作る窯

炭は木を密閉状態で蒸し焼きにしたものです。
酸素が無いので、炭素だけが燃えずに残ります。

木に存在する水分や栄養分など煙となる物質は出ていき、
炭素だけ残った状態、それが炭です。
炭素は酸素があれば燃えるので、炭に火を付けると普通に燃えるというもの。

とても便利ですが、ほぼ炭素100%なので一酸化炭素を生じやすいので注意。
しっかりとした換気をしないと、すぐに死にます。

炭は火力が強い

炭火

炭が多すぎると、すぐ焦げ焦げになります。

バーベキューや焼肉をするとわかりますが、
炭の量を間違えた時の火力はとんでもないものです。
間違ってうちわで扇ごうものなら、余計に火力が強くなるという。

炭は遠赤外線を多く出すため、見た目以上に火力が強い。
ガス火の4倍もの量となります。

遠赤外線は分子を振動させる働きがあるので、それにより熱くなります。
電子レンジと同じで、表面だけでなく内部まで温めることができ、
調理としても最高の火なのです。

炭火料理は面倒だが最高品質。
庭がある人は七輪を買いにいきましょう!!

 

以上、炭はなぜ燃える?炭とはなんだ?小ネタいろいろ。でした。

本日はこの辺りで0120994691でした。